ICO 仮想通貨に対する規制を香港SFCが表明、米インサイダー取引のおそれも懸念。

ニュース

ICO 仮想通貨に対する規制を香港SFCが表明、米インサイダー取引のおそれも懸念。

最近の仮想通貨ICO事情は少しずつ

規制の方向に向かっている

ようです。

その発端となったのが、

先日中国で発令された

ICO禁止条例。

それに伴う動きが

香港でも出ている。

これからもICOの影響力は

各国を動かす影響力となりかねない。

香港がICOに対する見解と

ICOの現状について、

まとめてみました。

ICOは有価証券あつかい。

香港先物取引委員会もICOに注目する。

SFC(香港先物取引委員会)は、

ICOも有価証券にあたると見解し、

SFCのライセンスが必要と判断した。

ICOとは?

今まで

インターネット上で事業資金を

集める方法は

「クラウドファンディング」

などのサービスを使いますが、

仮想通貨を発行するために

資金を集めるには、

ICOというサービスを利用します。


ICOとは

イニシャルコインオファリング

の略で

Initial Coin Offeringの

頭文字を取り、

ICOという。

仮想通貨の準備資金として

販売され、

集める資金の上限額と

販売期間が設けられます。

支払い方法は、

前払いのビットコインで支払います。

ICO有価証券

なぜICOに規制をかけるのか?

まだ法整備もゆるい仮想通貨業界

先日アメリカでは、

ICOにより、

企業が不正に株価を吊り上げる

インサイダー取引と見られる事態も

発生したので、

アメリカSFCも企業に対して

警告をしました。

なかには、

ICOは巨額の資金が短時間で集まるので、

それを利用した詐欺も増えているのが

現状です。

シンガポールの中央銀行も

自国の投資家たちに向けて

ICOのリスクについて注意喚起した。


最初にICOの規制に

名乗りをあげたのは中国。

今後中国をはじめとする各国でも

ICOに関する規制法案が出てきそうです。

今後の動向に注目。


中国政府がICOを禁止

1
  • 第一艦隊

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ