仮想通貨の大暴落はレバレッジのパンクなのか。

ニュース

仮想通貨の大暴落はレバレッジのパンクなのか。

先日12/22日の夜、仮想通貨が軒並み大暴落しました。
国内主要取引所のコインチェックやザイフで
取り扱いのある銘柄も全て大暴落。

大量のアクセスにより一時期、
コインチェックやザイフにアクセス
出来ない状況にもなりました。

突然仮想通貨が大暴落した
原因について調べていきたいと思います。

仮想通貨暴落

1、仮想通貨の大暴落。

1-1、レバレッジ取引が原因なのか。

仮想通貨が軒並み下落した理由は、
レバレッジ取引により強制売却された
可能性があります。

個人投資家などに証拠金をもとにして
最大25倍の取引を許可する取引所もあります。

仮に、レバレッジを利用して
仮想通貨のリスクを購入した場合、
購入価格よりも4%下落したら
新たに証拠金を入金しない限り、
強制的に売られる仕組みになっています。

日本での仮想通貨取引シェアは
世界でも4割の取引高があり、

大暴落した背景には
個人投資家のレバレッジが
パンクして一斉に売りが加速したため
大暴落した可能性もあります。

レバレッジ取引の限界による
仮想通貨の大暴落。

レバレッジ取引を行っている人が
いかに多いのか察することもできます。

暗号通貨ビットコイン

1-2、仮想通貨の売りが多いのはアメリカ。

アメリカではクレジットカードで
購入する投資家達も多く、
下落しはじめたら
すぐ売りに走るため
価格が下落しやすい。

日本と韓国では逆に、
買いの姿勢が強く
下落した場合さらに購入を希望する
人たちが多いのが現状です。

日本や韓国の取引所で扱う仮想通貨の価格は
アメリカよりも3割から4割近く高値で取引
されています。

現在、
仮想通貨バブルとも言われておりますが、
まだまだバブルは続きそうですね。



仮想通貨を購入する際は
自己資金で投資するのが一番ですね。


1
  • 第一艦隊

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ