仮想通貨とは何か?分かりやすい仮想通貨入門。

仮想通貨とは。

仮想通貨とは何か?分かりやすい仮想通貨入門。

今、仮想通貨は時流に乗っています。

時流に乗った仮想通貨をやれば
誰でも儲かります。

2017年4月1日に、
国は、仮想通貨法を施行しました。

しかし、

仮想通貨は怪しいといったイメージを
持っている人は
日本人のなかには多いのではないでしょうか?

仮想通貨に関する話題は、
新聞、雑誌、TVでも頻繁に取り上げられる
ことが多くなっています。

「仮想通貨」という言葉を聞いたことがあっても、
実態を知らない人も多いと思います。

仮想通貨はなぜこんなに話題に
なっているのか?

仮想通貨とは一体どのようなものなのか?

仮想通貨 両替

出典 http://coinpost.jp

仮想通貨とは。

仮想通貨に対する企業の動き。

現在、大手銀行などの仮想通貨に
対する動きは以下になります。

3大メガバンクの三菱東京UFJ銀行は
独自の仮想通貨 「MUFGコイン」
を作り2017年5月1日から試験段階にある。

三菱東京UFJ銀行は5月1日、
独自の仮想通貨「MUFGコイン」の
実証実験を始める。
年内に国内の全行員約2万7千人が
使えるようにして、
来春には一般向けに発行する計画だ。
ビットコインと同様の技術で、
決済や送金が低コストでできる。
メガバンクによる世界初の仮想通貨
プロジェクトが本格化する。

出典 http://www.asahi.com

2018年の春には一般向けに発行する計画も
あり、ビットコインと同様に
送金や決済が低コストで出来るように
なる予定です。

みずほフィナンシャルグループや
ゆうちょ銀行、数十の地銀などの
動きは以下になります。

個人がインターネットや
お店などでの支払いに使える
新しい仮想通貨の創設へ向けて、
みずほフィナンシャルグループや
ゆうちょ銀行、数十の地銀が手を組む。
円と等価交換できる仮想通貨
「Jコイン(仮称)」
を扱う新しい会社を設立。
銀行の預金口座とつなぎ、
仲間同士や企業との間で
決済のお金を自由にやり取りできる。

出典 http://www.nikkei.com

仮想通貨に対する知識がないから
怪しいのではなく、
勉強や調べもしないで
怪しいと思うのはおかしいことです。

仮想通貨 法定通貨

出典 http://gentosha-go.com

仮想通貨と法定通貨の違い。

仮想通貨はこれから必要で
物凄く便利な通貨といえます。

法定通貨と仮想通貨の違いは、
日本円と米ドルは法定通貨になります。

法定通貨とは、
国あるいは中央銀行が作り出して管理して
認可しているお金。

日本円は日銀が作っている、
日本銀行券になり、
日本国内で使える正式なお金です。

政府や中央銀行が管理しているお金。
これが普通のお金と考えます。

これらに対して仮想通貨は、
国または、中央銀行が一切関与しないお金に
なります。

仮想通貨は、
どうしてお金として流通できるのか?

それが使えるような仕組みが仮想通貨。

人生ゲームに例えると、
人生ゲームはおもちゃのお金を使い
取引が成立します。

しかし、

現実的に考えると、
人生ゲームのおもちゃのお金は
普通にコンビニでは使えません。

例に例えて、
100人全員で人生ゲームのお金をお金と決めました。

100人の中にパンやさんがいた場合、
人生ゲームのおもちゃのお金を出したら
パンを売ってくれるとします。

100人の中のひとりが
おもちゃのお金を支払いパンを買いました。

そうすると、

他の99人の人たちが、おもちゃの
お金を「うん、これはお金だ」と承認しました。

それでお金として認定されます。

洋服やさんでも同じように、
おもちゃのお金を使うと、
他の99人の人達がお金として承認してくれます。

使う人達が1万円分のおもちゃのお金が移動したことを
承認したことにより認められる。

まさしく、
中央銀行も国も介入しないお金
これが仮想通貨の仕組みになります。

投資対象

出典 http://ifaonline.jp

仮想通貨の優れている点。

これらの仮想通貨が、
1万人10万人、10億人が決めたら
完全な世界通貨となり、

発行元が国ではないので、
世界中でフリーな通貨として使うことが
できます。

当然ながら、日本円は
アメリカ本土やドイツなどでは
使うことが出来ません。

現地通貨に両替しないと
ならないのに対し、

仮想通貨のメリットは

国に関係なくお金が
使えてしまうことにあります。

フィリピンの例をあげて
説明すると、

フィリピンは観光産業に支えられており、
フィリピン国外に出稼ぎをする人も多い
のが現状になります。

しかし、

フィリピンでは、銀行口座を持っている人は
国民の3割か4割しかいないので、
日本のように、ほとんどの国民が銀行口座を
持っているわけではありません。

なんと、
国民の6割は銀行口座を持っていないそうです。

せっかく稼いだお金を海外から
フィリピンの家族に送金する手段は、
現金書留か郵便で送るしかありません。

これらの手段を利用するには
非常にリスクが高くなります。

万が一、配達の途中で誰かに取られてしまったら
それでおしまいです。

仮想通貨のメリットは、
銀行を利用することなく、
送金出来ることが
優れている点になります。

その他にも、

通常の場合、
アメリカのニューヨークからロサンゼルスに
送金するには3日から5日も掛かってしまう上に、

手数料は、2000円から3000円も
取られてしまいます。

国際送金業者もいますが、
手数料がとても高くなります。


それに反して、

仮想通貨はスマホひとつで、
即座に、世界各国に送金することが
できます。

その上、
ヨーロッパで考えると
隣接した国がたくさんあり、
それぞれの国は通貨


マレーシアとシンガポールでは
車で30分で移動できる近い距離に
ありますが、国が違うので
わざわざお金を両替しなければ
使うことができません。

両替する度に、
手数料を取られるので
損をした気分になります。



日本に住んでいると
国内送金は銀行を利用することが
出来るので、不便さを感じません。

また日本全国で日本円が
使えるので外国の通貨に
両替する必要もありません。

仮想通貨の違い

出典 http://genxnotes.com

仮想通貨をまとめると。

・即座に届くお金。
・送金手数料も安い。
・両替の必要もない。

これらのメリットの上に
出来たのが仮想通貨になります。

日本円や米ドルは法定通貨のひとつ。

仮想通貨も1000種類以上ありますが、
そのうちの一つがビットコイン。

ビットコインが最初に出来た仮想通貨なのです。

郵便などで現金を送る場合、
封筒代や郵便配達員の人件費の分だけ
切手代がかかる上に、時間も掛かります。

仮想通貨は電子化されている、
電子マネーなので即座に届きます。

仮想通貨はスマホやタブレットがあれば
即座に送金することができるのです。

世界中で使えるお金。

仮想通貨は、
いつでもどこでも24時間365日
使えるお金になります。


銀行の場合は、開店時間や閉店時間もあり
いつでも送金したり出来ません。

スマホが便利なように、
仮想通貨はとても便利な通貨。

瞬間的に届く通貨。

仮想通貨はウォレットに入れて持ち運ぶ
ことができます。

ビットコインはビットコインの
ウォレットに入れて持ち運び、

スマホにウォレットの
アプリをダウンロードして
そこに入れて仮想通貨を持ち運びます。

万が一、スマホを紛失しても
新たにアプリをダウンロードして
仮想通貨を使うことができます。

今までのように、
財布を失くしたら財布に入れているお金を
全て失ってしまいますが、
仮想通貨の場合、資産は守られます。

まさに
夢のような通貨が
仮想通貨なのです。

1
  • ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
アフィリエイトのアクセストレード

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ